6月25日は指定自動車教習所の日です。

いつも厚狭自動車学校をご利用いただきありがとうございます。

さて、シリーズ3、今回は指定自動車教習所のシンボルマークです。

シンボルマーク

このマークは公安委員会が行う実技試験が免除されるという法的地位が与えられた自動車運転者教育機関であり、公共性の高い教習所であることを証明するものです。

実は自動車の運転を教える施設には大きく分けて3種類あり、それぞれに基準や運営方法が異なっています。
  1. 公安委員会に届出し指定を受けている自動車教習所(指定自動車教習所)
  2. 公安委員会に届出し指定を受けていない自動車教習所(届出教習所)
  3. そもそも公安委員会に届出していない自動車練習場などの施設(未届出練習場又は未届出教習場)
以上3つのうち、実技試験が免除されるのは1.「指定自動車教習所」だけです。
それ以外の施設では、各県の運転免許試験場において技能試験や仮免許学科試験を受けなければならなくなります
ちなみに厚狭自動車学校は指定自動車教習所となっています。
入校や教習など、ご利用にあたっては、お電話
   0836-72-0356
まで、お気軽にご相談くださいね。

6月25日は「指定自動車教習所の日」です。

いつも厚狭自動車学校をご利用いただきありがとうございます。

 

 さて6月25日は「指定自動車教習所制度の日」です。

指定自動車教習所は、道路交通法に基づき、厳格な基準の下で、都道府県公安委員会に指定された自動車教習所をいい、我が国の運転免許制度を支える交通教育機関として、毎年多くの運転免許取得者を生み出し、日本が世界有数の道路交通の安全を確保する一翼を担っておりますが、この制度が導入されたのが昭和35年(1960年)6月25日のことでした。

また、625=「ムジコ」から、無事故の日ともされています。

さて「日本初の自動車教習所は、大正4年(1915年)に実業家の鈴木靖二氏が設立した東京自動車学校です。

鈴木靖二氏は、故山階宮菊麻呂王殿下の運転手という経験を持ち、「自動車ニ関スル法規」という本も出しているなど、まさに日本の道路交通法に関する先駆けと言える人物です。

日本に初めてクルマが輸入された明治31年(1898年)以降、国産車の製造に挑む企業が現れ、明治40年に純国産のガソリン車が初めて実用化されました。この実用化第一号は走行時、ガタクリ、ガタクリと動くため、「タクリー号」という愛称で呼ばれたというエピソードが残されています。

本格的なクルマ社会の幕開けは、大正時代に入ってからです。そして大正8年に自動車取締令が公布され、昭和23年に道路交通取締法が制定されました。

(以上クルマのニュース「今日は何の日?」「指定自動車教習制度」が導入された日)より引用)

 

6月25日は「指定自動車教習所の日」です。

いつも厚狭自動車学校をご利用いただきありがとうございます。

さて6月は「指定自動車教習所広報月間」となっています。そこで本日は「指定自動車教習所」について簡単に説明させていただきますね。

実はわが国では新規免許取得者の実に97%が「指定自動車教習所」を卒業して運転免許を取得しておられます。

指定自動車教習所とは、自動車運転教育を行っている施設のうち、

(1) 資格のある指導員(※人的基準)が配置され

(2) コースの面積や作り方、学科を勉強する教室があり(※物的基準

(3) その他教習の内容等(※運営基準)が道路交通法令の定める基準に適合しているもの

を公安委員会が指定したもので、卒業者には運転免許試験のうち技能試験免除の特典があります

全国に約1,340余校ありますが、名称は、自動車教習所、自動車学校、ドライビング・スクール、モーター・スクールなど様々です。 毎年、新規免許取得者の多くが指定自動車教習所を卒業しており、初心運転者・旅客自動車運転者教育機関の中核をなしています。

  • ※人的基準とは 法令上の資格要件を備えた管理者をおくとともに、法令上の資格要件を備え、公安委員会の審査に合格した指導員・検定員を配置していなければなりません。また、技能検定員は「みなす公務員」として、職務の公平性を強く求められています。
  • ※物的基準とは コース敷地の面積が8,000㎡(二輪専門教習所は3,500㎡)以上あり、コースの種類、形状及び構造が法令に定める基準に適合しています。そして、技能教習や技能検定を行うために必要な種類の自動車を備えている必要があります。また、学科教育を行うために必要な建物その他の設備、機材を備えていなければならないのです。
  • ※運営基準とは 教習は、法令に定められた所定の教習課程表に基づいて、教習方法、教習時間の基準に適合するように行わなければなりません。 例えば、新規に普通自動車免許を取得しようとすると、学科教習課程26時限、技能教習34時限を行う必要があります。

表彰していただきました。

いつも厚狭自動車学校をご利用いただきありがとうございます。

さて、今回見出しのとおり、長年にわたる当校の取り組みについて、表彰していただく機会を得ましたので、皆様に感謝の意を込めてご報告させていただきます。

表彰状

こちらが記念品の盾です。

盾

これもひとえに皆様方の平素のご愛顧のおかげであり、職員一同あらためてより一層のサービス向上に努めてまいる所存です。

本当にありがとうございました。

年末年始の休業のお知らせ

2021年12月29日(水)~2022年1月3日(月)まで年末年始の休業となります。

年内のお問合せやご用命は28日(火)までに、また、年明けのお問合せは4日(火)の9:00からとなっております。

来年も、本年同様お客様にご満足いただけるサービスの提供を目指し、社員一同より一層努力して参ります。
今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

年末年始の交通安全県民運動に参加しましょう。

いつも厚狭自動車学校をご利用いただきありがとうございます。

さて、今年も残り1か月、年末年始に向けて社会活動が活発になることから交通量の増加が予想されます。また例年飲酒の機会も多くなることから飲酒運転に起因する重大事故の発生も懸念されます。こうしたことから見出しの運動が下記により実施されますので、この運動に積極的に参加して交通事故を防止しましょう。

1 実施期間

令和3年12月10日(金)から令和4年1月3日まで

2 運動の重点

● 子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保

● 夕暮れ時と夜間の交通事故防止と歩行者等の保護など安全運転意識の向上

● 自転車の安全確保と交通ルール遵守の徹底

● 飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶

● 横断歩道における歩行者優先の徹底

3 県下の統一行動日

● 12月10日(金) 「子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保」を呼びかける日

● 12月14日(火) 「夕暮れ時と夜間の交通事故防止と歩行者等の保護など安全運転意識の向上」を呼びかける日

● 12月17日(金) 「自転車の安全確保と交通ルール遵守の徹底」を呼びかける日

● 12月21日(火) 「飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶」を「呼びかける日

● 12月24日(金) 「横断歩道における歩行者優先の徹底」を呼びかける日

 

県民運動イベント開催中です。

いつも厚狭自動車学校をご利用いただきありがとうございます。

さて現在実施中の「高齢者の交通事故防止県民運動」の一環として高齢ドライバーを対象とした交通安全定期診断を現在開催中です。

さて、本日も山陽小野田警察署から・・

20211112_141042

交通課長においでいただいて、13:30から開会、まずは交通課長の交通講話です。

20211112_132608

いつも身近でわかりやすいお話、皆さんも真剣に聞き入っておられますね。

20211112_132640

講話の後は、各車分乗してのドライビング診断です。当校指導員が診断にあたります。

20211112_140136

さすがベテランぞろいで、次々に課題をこなしていかれます。

20211112_140410

会場の一角では、サポカー講習を実施中です。

20211112_140259

高齢者の交通事故を防止する、先進の安全装備についての説明がなされます。

20211112_141008

実際にサポカーに乗車して衝突回避のブレーキも体験できます。

お値段の方も気になるようで、具体的な質問が飛んでいました。

20211112_140801

イベントはこのあと16:00頃まで続きます。

 

本免許学科試験受験会場について

卒業生の皆さんが学科試験を受験する会場となる山口県総合交通センターの状況をご紹介しますので受験の参考としてください。(3/14に少し更新しました)

(なお、新規投稿は本記事の下に順次掲示されますのでスクロールしてご覧ください。)

1 総合交通センターです。

総合交通センター外観

敷地内は下の案内図のようになっており、手続きは本館棟で行います。

(なお図の上側が東側になります。)

センター案内図

2 1階正面の入り口です。

コロナ対策で入口専用と出口専用に分かれています。

センター出入口

入口専用

入場制限がかかっていますので、同伴・付き添いの方は注意しましょう。学科試験受験者の付添人は1階ロビーには入れません。

入場制限

また令和4年3月中に学科試験を受験される方の入場口は、南側の交通安全学習館との間の入り口に指定されています。(矢印のところに南側入口があります。)

南側入り口

南側入り口を正面から見るとこんな感じです。

南側入り口2

3 館内に入ったらすぐに手指の消毒をしましょう。検温もあります。

手指消毒

4 正面入口から入ると、目の前に総合受付があります。

奥の右手に見えるのが適性検査会場(青2番)です。

総合受付

5 別角度からの撮影です。

入口は右方向から、右手の柱を囲んだカウンターが総合受付、記載台の奥の、横に長細い建物が適性検査会場です。

適性検査室

6 2階の待合ホールです。

奥に事務所窓口、その上に電光掲示板があります。

ホール中央には書類の記載台、右手にソファが配置されています。

2F待合いホール

7 記載台です。ここで運転免許申請書や質問票を作成します。

記載台

8 記載台上には記入例がありますので、よく見て間違いないように正確に書きましょう。

記入例

9 学科試験受付に向かいます。

案内板に沿って進んでいくと・・・・・

学科試験会場案内1

10 学科試験受付があります。

学科試験受付

11 受付を済ませたら、学科試験会場に入ります。

会場は「第1学科試験室」です。

第一学科試験室

12 試験終了後しばらくすると、2階の待合ホールの電光掲示板で合否の発表です。自分の受験番号が表示されたら合格、なければ不合格です。

合格者は午後から免許の交付手続き、残念ながら不合格の方は、カウンターでその日提出した書類を受け取って帰りましょう。

午後の免許交付手続きは、まず指定された会場(第1学科試験室)に集合したのち、カウンターで手数料を支払い・・・・

2F カウンター 電光掲示板

13 写真撮影室で免許写真の撮影をします。

撮影室

14 撮影室内の状況です。

撮影室内

撮影後、しばらくすると運転免許証が出来上がって、係員から交付されます。

これで、晴れてドライバーの仲間入りとなります。

生涯にわたってグッドドライバーとして安全運転に努めましょう。なお、受験者数その他諸般の事情により、上記の順序や会場が変更になることがあります。

 ※ 学科試験の予約制について

令和4年3月31日までは、学科試験は完全予約制になります。

学科試験予約制 チラシ

※ 総合交通センターへの入場可能時間(それまでは駐車場や本館への入場はできません)

3月中 ~午前8:00

★ 受験に必要な忘れ物をしないよう、また遅刻しないようによく確認しておきましょう。